NAO プロフィール

DSC_0728
Pocket

第1のターニングポイント

【私がやりたいことは一体なんだろう?】

社会に出てすぐの私は、お給料の高さだけで仕事を選びました。楽しく、何一つ不自由ない生活、しっかりと積み上げていくキャリア、このままステキな人生を送れると思っていたのです。

けれど、人生そう甘くはありませんでした。

父の看病のために退職をせざるを得なくなり、突然ぽっかりと大きな時間が空いてしまいました。それまでの充実感たっぷりのOL生活を送っていた私には、ひとつの公式がありました。

「目が覚めている時間=働いている時間」

この公式を改めて見直しながら、仕事について真剣に考え直しました。

そこでピン!と閃きました。

「もし好きな仕事ができたら、人生、好きな事をずーっとやり続けているのと同じだ!」

働く目的はお給料じゃないという言葉が自分に沁み込んだ瞬間でした。

幼い頃から一貫して好きだったこと、と考え始めて、真っ先に思い浮かんだのが動物達のこと!

そして、父の看病の傍ら、トリミングスクールへ通い始めたのです。

 

第2のターニングポイント

【私が本当にやりたいことはコレ・・・?】

トリミングスクールへ通い始めたのはとてもシンプルな理由からでした。

トイプードルのカットの面白さ。これに魅了された私は、専門学校へ通いながら、平行して、トイプードルのブリーダーのもとでショーカットの修行も重ねました。

そして、待ちに待った卒業と同時に、憧れていた某サロンへ勤務を始めたのです。

そこで、またもや人生は甘くないと思い知ったのです。

一般的な犬の仕事は、幼少期から寄り添ってくれた動物達への感謝を伝えられる様な手法ではなかったのです!

これやりたいと思っていた仕事ではないと思った私は、好きな場所で仕事を追及しようと、逗子へ移住して自分のお店、トリミングサロン“stella”をオープンしました。

 

第3のターニングポイント

【これこそ、本当にやりたいこと?!】

笑う門には福来るとはよく言ったもの。

本当にやりたいことを始めて、ニコニコの毎日を送っていたら、お店は順風満帆。しかも、毎号の様に専門誌に掲載され、通りがかったテレビ製作の方に声をかけられ、テレビに出たりもしました。

もっとすごいことに、日本が誇るトリマーの一人に選ばれてしまったのです。その影響もあって、カリスマトリマーと呼ばれるようになり、私が造るデザインカットを求めて遠方からもたくさんのお客様がいらっしゃるようになりました。

けれど、何かがいつも心にひっかかっていたのです。

 

【ようこそ、憧れのうーちゃん!・・・あれ?】

余裕ができ始めた頃、あこがれていたスタンダードプードルを我が家に迎えることになりました。我が家にくるまで彼につけられていた名前は「うーちゃん」。迎えて数日間のうちにすぐその理由が分かりました。

まだパピー(子犬)だったにもかかわらず、気に食わないことがある度に“うー”と唸ってばかりいたのです。

うーちゃんは、我が家にきてsunと改名しました。偶然につけた名前でしたが、この名前がぴったりだと気づくまでさほど時間がかかりませんでした。

弱いものにはやさしいsunですが、強いもとにどんどんくってかかっていきます。異常なほどの我の強さはまるでやくざのようでした。

それは穏やかであれば人を温め、激しくなったら燃やし尽くす炎。まさに、その象徴の太陽のようだったのです。

そんな優しい一面をもったsunですが、日を追うにつれて、次々と問題行動がでてきました。体も大きくなっていくので、徐々に、「まーいっか」ではすまされなくなっていきます。sunに問題があれば、私も大変な思いをし、それをまたsunが感じ取って問題を起こし・・・という悪循環に陥っていく日々。

これを何とか打破して、sunに平和で幸せな日を送ってほしいと、トレーニングや犬学を猛勉強しました。それも自分自身の体調を崩してしまうほどに。

cropped-image.jpeg

 

【出会いは突然に。】

そんな折、沢山の先生方・愛犬家とご縁を頂きました、sunを迎えてから始めた学びがより一層深いものとなっていきました。そのきっかけこそ、毎日の仕事の中でひっかかっていた疑問でしたが、通常のトリミングやトレーニングだけでは決して気づけなかったことでした。

その智慧は、点となり線となり面となり、私を変えていきました。

なぜトリマーという仕事を選んだのか。そこに、私の大きな使命が潜んでいたのです。それはまだ私自身が勉強をし続けている部分ですが

★”ワンコさんたちを通して、今まで気づかなかった自分自身を深く知ること”

★自分自身を知る学びの中で得たものを、ワンコさんたちの幸せのために還元していくこと”

こういった事を、ワンコさんが大好き!というだけだった頃の私とも、カリスマトリマーとしてメディアに取り上げられていた私とも、全く違う視点でお伝えできる様になりました。

これはとてもシンプルにみえて、実は人生観からひっくり返しかねないことなのです。

 

そこで、その肝のひとつであるトリミングについて、お伝えします。

 

【トリミングの神髄をお伝えします】

トリミングは共生のために必要なケースが多くあります。

人間が求めるかわいさのためだけ?

いいえ、違います。

ワンコさん本来の力を発揮できるようにするために人間から示す尊敬の証なのです。

ワンコさんは人と違う動物です。

当たり前ですよね。でも、その違いを意識されてみたことはありますか?

四つ足、鼻が利くといった生物的な違い、見た目がかわいい、いいにおいがして癒される、帰宅すると尻尾をふりふりしてくれて嬉しい、といった一緒にいることの気分の違い。色々とあります。

ですが、ワンコさんの癒しのエネルギーはそんな一般的な事に留まりません。

我が家のワンコさんたちは、私が本当にしんどくて倒れそうな時はその負担を肩代わりしてくれます。とても超えられるそうにない問題に直面したとき、今のママなら超えられるよ!とメッセージをくれます。

そんな経験をされたことがあるのは私だけではないはず。

私たち人間は、ワンコさんたちにそうしたことをお願いしたりはしません。けれど、彼らは自発的に考え行動する不思議な力をもっているのです。つまり、トリミングをすることは、お互いを尊重する気持ちに基づいている行為に他ならないのです。

こんなことを言うと、こういった反論が必ず出てきます。

自然飼育を研究する専門化の方々の間ではサロンでのトリミングとは、ストレスとなることが多いのでしないほうがいい、と全身ガタガタのセルフ丸刈りか、トレーニングはワンコさんが楽しめるものを行いながら、トリミングとなるといきなりきれいにカットするために我慢を強要。かわいいカットと過度にストレスを与えないことは相反するもので、両立はできないという考えなのではないかと思います。

私もこれだけの長い間、サロンでの仕事をしながら色々なワンコさんと飼い主さんの関係性を見てきていなかったら、きっとそういう公式を頭に描くだろうと思います。

でも、これが当てはまらないケースがいかに多くあることか!

 

【だから、私たちstellaは新しいトリミングを提案します】

私たちの提案するトリミングは、ワンコさんのストレスを軽減するという、マイナスをゼロにするだけではありません。

stellaのトリミングは、ワンコさんが生まれながらにしてもっている、癒しのエネルギーをきちんと発揮できるようにするオリジナルのメソッドです。

昨今のトリミングは、かわいさを追求することが多いです。ですが、先にも書いたように、もともとはワンコさんたちがストレスを感じる部分を取り除き、ストレス軽減を行うものだったのではないかと考えています。

それが、いつからか、人のエゴのために、ワンコさんへ大きなストレスをかけるものへと変わっていってしまったのではないでしょうか。それはトリマーの仕事をして、その方法の裏側を知っているからこそ、尚更そう感じるのかもしれません。

いままでお店に勤務していたトリマーは自分が飼育しているワンコさんに、かわいいカットやトリミングを行いませんでした。ワンコさんの気持ちが少しわかるから、自分の犬には必要ないって思うって事ですよね?まあ、これは一般的なお話しで、我が家のワンコさんたちはトリミングの日が一番幸せそうなので、私はがんがん我が家のワンコさんにトリミングやります!本当はもっとやって欲しいんだと思いますが、私の体力が追いつかないので、私がしんどくない範囲で行っています(笑)お客様からお預かりさせて頂くワンコさんでも、STELLAにきてトリミングしているこの時間が幸せなんだなーってワンコさんも沢山います。

まずは、時間がかかってもトリミングが人からの愛情表現であることをしってもらう。ワンコさんがトリミングが大好きな時間になったら、いくらでもかわいいCutにこだわってほしいです。それは私たちstaffにとって、とても楽しい時間です。

基本的はトリミング・グルーミングはご家庭で行うこと。お忙しいときは、信頼できるサロンさんでお願いしたり、困ったときはアドバイスをもらったりする。これが、stellaの考えるトリミングスタイルです。

一般的には”月1回トリミングサロンに出すのがトリミング”とか、そういうのに惑わされないでください★今、そのワンコさんがどういう状態で、どんなお手入れを必要をしているのか?世界1知っている人=飼い主さんがしっかりと学び、おこなってくれるトリミングほど、気持ち良く、ぶれづらいものはありません。母犬が毛づくろいするのと同じことです。

【想像してみてください】

ワンコさんがその不思議な力を存分に発揮できたら飼い主さんがより癒されます。それによって、ご家族様全体が癒されます。その癒しは、会社や学校へと徐々に広がり、日本が癒され、世界が癒される日が近くくるでしょう。

人間に焦点をあててみたら、これだけですが、ワンコさんに焦点をあててみましょう。

ワンコさんが不思議な力を発揮できる状態は、ワンコさんがストレスフリーの状態です。そうすると、そのワンコさんを見た他に飼い主さんもきっと、ご自分と一緒に生きているワンコさんもストレスフリーにしたくなるでしょう。そして、ストレスのないワンコさんが少しずつ増えていきます。

これから実例も紹介しますが、うるさく吠え続けるワンコさん・人を攻撃するワンコさんも変わっていきます。すると、どうなるでしょうか。ワンコさんを厄介がる方が減っていきます。置き去りにされたり、捨てられたりしてしまったりするワンコさんも減っていくでしょう。そうすると、保健所もきっとガラガラになり、ノーリードでワンコさんが自由に山や海を走りまわれる様に法も変わっていくかもしれません。

 

そんな、人間もワンコさんも共に幸せに過ごせる未来を、一緒に創造していきましょう。

まず、その第一歩として、皆さんに実感していただけるように、現在は神奈川県逗子市にてトリミング・スクール・ホテル・保育・goodsの販売をしています。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

DSC_0897
Pocket

面白いねーと思ったら、是非シェアしてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です