犬の抱っこについて

Pocket

日々、お仕事をさせて頂いていて、抱っこが苦手なワンコさんはとっても多いです。

その理由は、4足歩行の動物は四肢が地面についている状態が一番心地よくて、安心するんです。

四肢がつかない状態でも、安心できると犬に感じてもらうには、トレーニングが必ず必要です。

でも、犬は特別な動物なので、簡単にトレーニング・しつけができます!

そして、そのメリットは、後で書きますが、無限大です!お宝がたくさん入っています。

抱っこは意外な盲点です。

こんな簡単なトレーニングをしないなんてもったいない!!

 

流れは

人: ”時々抱っこさせてくれたら嬉しいなー。抱っこしよう!”

犬 : ”四肢がつかない・・不安定・・。抱っこってやつ。好きじゃないかも”

人 : ”抱っこすると 癒される。ありがとう”

犬 : ”飼い主が嬉しいなら、 頑張ろうと思う”

人 : ”ひどく 癒される”

犬(単純) ”いつでも抱っこOK!抱っこ悪くない!!”

 

 

抱っこが悪くないと思ってもらうことのメリット

では、愛犬に”抱っこ わるくないっ!と思ってもらえると、どんなメリットがあると思いますか?

犬との生活がガラッと変わります。

・お散歩後の足拭き、1分以内に終わる

・ハーネス 一瞬で装着。すぐに散歩にでれる

・地面に水溜りがあるところは、抱っこでクリアー!雨の季節も気軽にお散歩に出られる。

・動物病院やサロンの待合室や診察、マナーバンドや他のわんこさんへのご迷惑等 気を遣わなくていい。

・電車での移動も楽々、便によっては、愛犬と楽々飛行機にものれる

・マンションの共有スペースも楽々

・犬の抱っこの癒し効果は、科学が証明すみ。犬を飼って失うものも沢山あるけど、飼っていない人より、ストレスがたまりずらい。愛犬に癒される

・愛犬の日々の抱っこストレスがなくなり、病気が治ったり、問題行動がなくなる可能性もある。治療代や病院にいく時間、大変なお薬の投与・問題行動で頭を抱えることもなくなる可能性がある。

・ストレスが少ない故、お散歩時間を減らせる可能性もある。  etc

 

その効果はあげたらきりがないくらいあります☆

 

抱っこ好きになってもらうためのポイント

愛犬のタイミングにあわせてあげるだけ

犬:ちょっと飼い主といちゃいちゃしたい気分

人:今だー 抱っこ!癒される

犬:自分がいちゃいちゃっしたくない時でも、こんなに飼い主が喜ぶなら、僕、頑張る!!

人:なんて おりこうさん。ますます 癒される

犬(単純):抱っこ、悪くないと思う

 

そうです。愛犬が飼い主といちゃいちゃしたい気分になるまで待つ。

愛犬が ”ちょっとだったら、今、頑張れる!という”タイミングを見計らうです。

 

この始めの一歩さえ、間違わなければ、その後は飼い主が抱っこしたいときに、進んで、抱っこをさせてくれるようになります!!

 

 

 

 

実践編

では、実際にどんなトレーニング・しつけを行っていったいいのか?ポイントをお教えしていきましょう!

 

 初級編

はじめての抱っこや、逃げはしないけれども、むりやり捕まえている方への方法

 

中級・上級編

既に抱っこを怖がる・嫌がる・逃げるワンコさんの方法

 

更に上級者編

 

次は、逆に、抱っこを異常にしてほしがる。しんどい。止めて欲しいという方のためのトレーニング・しつけ方法をご紹介します☆

こちらから

Pocket

面白いねーと思ったら、是非シェアしてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

飼い主さんとそのワンコさんにしか咲かせる事のできない”世界に1つの美しい花を咲かせる”  happy dog lifeをご提案☆その為には、ワンコさんとコミュニケーションをとる事が、一番大切と考えている。毎日コミュニケーションをとりながら、自分の希望を伝えたり、ワンコさんの希望を聞いたり。その希望に応えられる時も、応えられない時もあるが、日々、丁寧に自分で選択をすればいい。そもそも、ワンコさんの気持ちが判らなかったっら、選択をする事はできない。毎日、トリマーとして沢山のワンコさんと接せさせて頂きながら、体の状態からワンコさんの心の声を聞き取ることを得意とする。