犬のうなりについて

Pocket

“う~”

“犬に唸られたら、噛まれる” “殺されるう”

・・・なんて思いますか?

 

犬の唸りを観察していると、“ポジティブな唸り” “ネガティブな唸り”がありますね。

よく観察してください☆

まずは、犬は不快感の表れとして唸りがある。それも真実です。

でも、その逆もあります。嬉しさのあまり、楽しさのあまり、唸る(笑)

この写真の2頭は同腹の兄妹です。

 

犬と人の世界で愛情いっぱいに育てられて、とてもバランスがよいです。

歯の使い方も知っています。

唸って遊んでも、流血やケガをさせる様なことはありません。

 

我が家の犬達もそうです。

弟犬なんかは、うなってばかりいたみたいで、我が家で名前をつけるまでは“う〜ちゃん”と呼ばれていました(笑)。

我が家に来てから、観察していると半分位は、ポジティブな唸りですね。時間とともに、減ってきてはいますが、0にはなっていません。興奮が高まって、それがネガティブな唸りだとしても、相手を傷つけたりする事はないです。

感性が豊かで、色々な事に対して、大きく感情が動く長所をもった性格という事だと思います。

貴方の愛犬が例え、唸りまくるワンコさんだとしても、一般的には飼いづらい犬かもしれませんが、大きな長所でもあります!

ポジティブな唸りとネガティブな唸りを聞き分けて、コミュニケーションをとってあげてください

犬種としては、柴・プードル・フレブル・コッカー・チワワさんによく見られます。

“めちゃくちゃ うれしいー ひゃっほー!”と言っている人に対して

“ばか犬” “駄目” “NO”という人はいませんよね。

それがポジティブな唸りだったとしたら“よかったね” “嬉しいね” “とコミュニケーションをとるのが、パートナーでしょう。

そして、それがネガティブな唸りだとしたら、“わかったよ。嫌なんだね”とコミュニケーションがとれると、ワンコさんの気持ちも早く落ち着きます。

その辺で、行き違いになってしまって、我が家の犬はバカだから、他のワンコさんには近づけられない・罰を与える・叱る等々。で、愛犬とのコミュニケーションが上手くとれなくなってしまっているケースもあるのかな?と思います。

よく、観察して、コミュニケーションをとってあげてくださいね☆

ポジティブな唸りが続くと…

1つだけ気をつけて欲しい事は、

唸っている時、それがポジティブな唸りだったとしても、

長時間続くことにより、ネガティブな唸りに変わっていきます。

 

 

自ら、落ち着きを取り戻すワンコさんがほとんどですが、

なかなか、興奮状態から、自分で戻れない状態の場合があります。

そんな場合は、飼い主さんが弛緩剤となってあげれると、いいですね☆

 

 

Pocket

面白いねーと思ったら、是非シェアしてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

飼い主さんとそのワンコさんにしか咲かせる事のできない”世界に1つの美しい花を咲かせる”  happy dog lifeをご提案☆その為には、ワンコさんとコミュニケーションをとる事が、一番大切と考えている。毎日コミュニケーションをとりながら、自分の希望を伝えたり、ワンコさんの希望を聞いたり。その希望に応えられる時も、応えられない時もあるが、日々、丁寧に自分で選択をすればいい。そもそも、ワンコさんの気持ちが判らなかったっら、選択をする事はできない。毎日、トリマーとして沢山のワンコさんと接せさせて頂きながら、体の状態からワンコさんの心の声を聞き取ることを得意とする。