抱っこして!というワンコさんに悩まされている貴方へ

Pocket

逆に”四六時中、”抱っこお願いします”と、言われ、困っている貴方へ。

それは、困りますよ。。ワンコさんと暮らして、沢山の癒しを貰って、人生、ばら色になると思ったのに、、

いつも抱っこを要求され、他に何も手につかなくなってしまっては・・・

まずは その原因についてお話しします。

原因

 

:抱っこされたら、異常に飼い主が喜んだ。私、頑張ろう!!命かけて!!!

飼い主:なんて、いい子なの。癒されるは。。。

 犬:私の仕事はこれだ!抱っこして!!と飼い主に言う事だ。飼い主のために頑張ろう!!

飼い主:やりたい事があるのに抱っこ抱っこうるさい・・うざくなってきたかも。。。

 犬:もう、無理!抱っこされていないと安心できない。   

        四肢がついている状態なんて、私にとっては不安しかない。

 

そうです。頑張って抱っこを受け入れているうちに、

本来、犬がもっている、四肢がついていると、自由だから、安心できるという能力が退化してしまったんです。

本能が退化するまで、愛犬がどうして頑張ってしまったのか?

それは、飼い主が犬を抱っこしていないとなんとなく不安・・・貴方のその思いが犬の能力を退化させていっまたんです。

でも、安心してください。

犬は本当にシンプルな動物です。

トレーニングをすれば、簡単に治りますよ。

因みに、犬がもっている本能の中でも、退化してしまったほうがいいものもあります。

最大なのが、強い警戒心!宅配や友人が遊びにくるたびに強い警戒心をむき出しにされた、生活しづらいですよね??

でも、四肢をついて安心するという本能を失うと、飼い主さんも、始めは嬉しかったとしても、だんだんしんどくなっていくパターンがほとんどです☆

では、実践編。

四肢をついている愛犬が大好き!と私は思っているよ☆という事をしつけ・トレーニングしていきます。

飼い主:四肢をついた、貴方が大好き!

犬: えっ!マジですか?!嫌だよ。怖いよ。抱っこの方がいい。

飼い主:じゃあー 一緒にやって見よう。四肢をついて。

犬:うーん

飼い主:撫でてあげよう。だって、四肢をついた貴方も大好き!!

犬:うん。うん。悪くないかも。飼い主が喜ぶなら、私、頑張る!

飼い主:ただ、四肢をついて立っている貴方!!素敵☆

犬:抱っこだけでなく、こっちも悪くないかも。

よく考えて見たら、こっちの方がお水をのみたいときに飲めるし、おトイレに行きたいときに行けるし☆自由でいいね☆

 

はい。リハビリ完了です!!

Pocket

面白いねーと思ったら、是非シェアしてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

飼い主さんとそのワンコさんにしか咲かせる事のできない”世界に1つの美しい花を咲かせる”  happy dog lifeをご提案☆その為には、ワンコさんとコミュニケーションをとる事が、一番大切と考えている。毎日コミュニケーションをとりながら、自分の希望を伝えたり、ワンコさんの希望を聞いたり。その希望に応えられる時も、応えられない時もあるが、日々、丁寧に自分で選択をすればいい。そもそも、ワンコさんの気持ちが判らなかったっら、選択をする事はできない。毎日、トリマーとして沢山のワンコさんと接せさせて頂きながら、体の状態からワンコさんの心の声を聞き取ることを得意とする。