愛犬家なら知っておくべき「動物虐待」と「動物福祉」~part1

Pocket

「動物福祉」というと、ピンとこない方がほとんどかと思いますが、「動物虐待」の対義語となります。

「動物虐待」をしていないかどうかは?

「動物福祉」にのっとっているかどうか?で基本的には判断できます。

「動物福祉」という考え方は、動物の先進国においてはずっと以前から、確立されており、

国民も当たり前に、何が動物虐待にあたるのか?共通認識をもって、畜産やペットの飼育をしています。

でも、日本では、この「動物福祉」という考え方が、全く広まりを見せないので、

動物保護団体や愛犬家(自称)が、虐待をしていたり、、、犬を幸せにしたくて、トリマー・トレーナー・ペットホテル・治療等を行うプロが、幸せにするどころか、虐待をしていたり。。。とても、とても、t複雑な状況と感じています。

 

まずはチェックテストで、あなたの犬への理解度をチェックしてみてください☆

以下の質問にYES の数を数えてみてください。

Q1:食事はブリーダーさん・ペットショップさんに言われた量ではなく、その愛犬が必要な分だけ与えている。

Q2:愛犬はガリガリでもなく、肥満でもない。

Q3:犬種独特の病気・固体の個性を十分理解している。

Q4:愛犬が行きたいところに、愛犬の行きたいタイミングで行く、時間がある。

Q5:愛犬が排泄したいところに排泄し、すぐに掃除をする。

或いは放置しても、愛犬が心地よい場所に移動できるだけのスペースがある。

Q6:愛犬が本来生活していたような環境へ連れ出すようにしている。(草むら・山・土・牧草地・川等々)

Q7:単頭であることが望ましい個体は単頭で、多頭であることが望ましい固体は多頭で飼育している。

Q8:愛犬の嗅覚を刺激し、十分に満足できる機会を与えている。

Q9:毛玉・爪が伸びてカチカチと音が鳴る・肉球がみえないくらい毛が伸びてフローリングで生活している。或いは、肛門腺がパンパンで、気になって仕方ないという事がない。

Q10:留守番の時間がはなはだしく長く暇、或いは、寝ている時間も誰かに邪魔され、睡眠時間も安心できない。或いは、いつ怒られるのか、飼い主の顔色を伺いながら生活していることはない。

Q11:犬の面倒を他の犬に主にみさせていて、その面倒をみている犬はゆっくりとRELAXしたり、遊んだりする時間があまりない。

Q12:愛犬が喜怒哀楽をみせる事はほとんどない。

0~1個→動物についてよく学ばれ、行動していますね。専門家域を目指して、次のページ以降もご覧になられてみてください☆

2~5個→少し学び不足で、愛犬家のつもりが、虐待をしてしまっている面もあるようです。次以降のページをしっかりと学んで、行動してみてください☆

6~12個→次以降のページを読み、行動してみたいと感じたことからやって見てください。貴方自身の人生をも変える発見があるかもしれません☆

 

 

 

Pocket

面白いねーと思ったら、是非シェアしてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

飼い主さんとそのワンコさんにしか咲かせる事のできない”世界に1つの美しい花を咲かせる”  happy dog lifeをご提案☆その為には、ワンコさんとコミュニケーションをとる事が、一番大切と考えている。毎日コミュニケーションをとりながら、自分の希望を伝えたり、ワンコさんの希望を聞いたり。その希望に応えられる時も、応えられない時もあるが、日々、丁寧に自分で選択をすればいい。そもそも、ワンコさんの気持ちが判らなかったっら、選択をする事はできない。毎日、トリマーとして沢山のワンコさんと接せさせて頂きながら、体の状態からワンコさんの心の声を聞き取ることを得意とする。