ワンコさんはやっぱり、最高のパートナー!問題行動は貴方へのワンコさんからのメッセージ!

IMG_0070
Pocket

先日、M様がスクールへご参加くださいました。

オープン当初、よくお越しくださっておりましたが、その後はご自身でワンコさんのトリミング・トレーニングをされていたとの事。新しくワンコさんをもう1頭迎え入れられ、ワンコさんについて、勉強し直したいと思われ、お越しくださいました。

 

正直、1回目の座学でお話しさせて頂く内容はきっと、何十時間もかけてお話ししたい(笑)。その膨大な私の引き出しの中から、今のその方に必要かな?と思う引き出しについて、掘り下げてお話ししていきます。

ワンコさん目線は飼い主の救世主となる!

 

お話しを伺うとM様は、現在のお仕事のパートナーである上司が尊敬できず、お辞めになる予定とのこと。その上司はM様に仕事を任せるといいながら、気が食わないと、暴言を吐いたり、物に暴力的にあたったりするそうです。ある日、M様が資料に付箋をつけて、見やすいようにアレンジしました。するとその上司は今までと違う!とその付箋をとり、資料を床に投げつけ、M様に拾わせたそうです。

そして、先日のご家庭でのワンコさんとのお話しで、M様がお疲れで、キャベツを買ってきて、ワンコさんたちをフリーにしているリビングに置いたまま、片すのを忘れてしまったそうです。気づいたら、ワンコさんの遊び道具と化したキャベツは、ちぎられ、床に散乱していたそう。そこでとった行動は?ワンコさんの鼻をキャベツにもっていき、床をたたき、”駄目でしょ!”と叱ったそうです。それでも、ワンコさんは反省している様子があまりない・・と。

 

どうでしょうか?

この2つの事例は似ていませんか???

あなたに任せるから、どんなことがしたいのかやってみて!といいながら、その行動が自分の希望と違うと、腹を立て、弱い立場の動物を脅してしまう。これはパートナーシップではありません。

ワンコさんは何も悪くありません。ってお話しをしました。だってMさまが職場でおこなった事と同じだから・・・

こういうケースでは飼い主が自分の不自然な行動に気づき、自然な方向に戻っていくと、ワンコさんの問題行動もすっと消えてなくなってしまいます。なくならない場合は、何かまだ気づいていない事があって、メッセージを送り続けてくれているという事。

 

M様からは、ワンコさん目線で考えることって、できている様で

できていなくて、大切なことなんですねー。ご自身のワンコさん達がより愛おしく感じるようになったと

あなたの感覚をワンコさんと共に磨いて信じてください!

また、周りのプロ達やお友達がみんなAという考えで、自分はBなんじゃないかと思うんだけど、口にしてはいけない気がして、話しをあわせたりしていた事もご質問くださり、お答えができました。

一般的な考えが正しいとは限らなくて、自分の感覚がおかしくないって事がわかってすごいすっきりしましたー!とキラキラの目を更にキラキラと輝かせてお帰りになられましたー。

見送った後姿は別人の様に見えました。

 おまけ

大声では言えない、だからテキストにもかけない。でも、個人的にはいくらでもお答えできる事。今までの私の経験と感覚から感じていること。そういうことも ズバズバっとお話しできるのも、少人数の対面スクールならではでーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

面白いねーと思ったら、是非シェアしてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です