ワンコさんと共に心身のケアを

Pocket

先日、学生時代の友人から、後輩が急性アルコール中毒で運ばれたものの、意識不明のままであるという連絡がありました。それを聞いて大きな違和感を感じました。

20代30代の健康な人であれば、飲みすぎてしまったものを吐き出すことにより自分の健康を守ろうという作用が働き、自然と体内に溜まってしまったアルコールを解毒しようとするはずです。

ワンコさんの状態に気をつけて

それらから思うことは、アルコールにより命を失いかけているという以前に、何らかの原因があり、体が元々持っている命を守ろうとする力が働かない状態にあったのではないかな?と。

同様にワンコさんにおいても、死や病気に至るきっかけは一つかもしれませんが、そこに至るまでの要因はたくさんあります。

老衰と言われても老化が加速するような事を日々おこなっていれば、老衰が原因で亡くなったとは言いがたい気がしますし、インフルエンザで亡くなったとしても、インフルエンザで亡くならない子もいると思うと、それはそこに至る一因であると思うのです。

ワンコさんは制限されています

人間は今日は調子が悪いから休もうということができますが、ワンコさんは飼い主さんの手助けがないと、殆どの行動が制限されています。

季節が変わり、寒暖差に体が対応しようと働きます。急激なストレスが発生する時期です。

みなさん、愛犬と共に心身のケアをしっかりとして、楽しい季節を満喫しましょう。

Pocket

面白いねーと思ったら、是非シェアしてください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

飼い主さんとそのワンコさんにしか咲かせる事のできない”世界に1つの美しい花を咲かせる”  happy dog lifeをご提案☆その為には、ワンコさんとコミュニケーションをとる事が、一番大切と考えている。毎日コミュニケーションをとりながら、自分の希望を伝えたり、ワンコさんの希望を聞いたり。その希望に応えられる時も、応えられない時もあるが、日々、丁寧に自分で選択をすればいい。そもそも、ワンコさんの気持ちが判らなかったっら、選択をする事はできない。毎日、トリマーとして沢山のワンコさんと接せさせて頂きながら、体の状態からワンコさんの心の声を聞き取ることを得意とする。